MENU

眼精疲労を放置するとおこること

 

パソコンなどの作業が多いデスクワークの人や、普段から携帯やスマートフォンにかじりついている人の場合、知らない内に気がついたら眼精疲労になってしまっていたという事もあります。最初はそれほど症状も重くないですから、そのうち治るだろうと思って放置していると、段々と酷くなってしまっているのです。

 

放置していると、目の症状自体もどんどん悪化します。目の痛みやかすみも強くなりますし、ドライアイのような乾燥した状態になっていくこともあります。もちろんそれだけではなくて、身体的にも様々な症状が表れ始めます。最初は肩や頭が何となく痛いと思うような程度だったとしても、その痛みも酷くなり、重さも感じるようになります。

 

さらにその状態が進むと眠りに入るのに時間がかかって不眠の症状も出始めますし、そのままうつのような症状が出てしまうこともあります。目の後ろには脳がありますが、放置し続けていると脳の部分まで痛みを感じるようになってしまいます。そうなると、首や肩のコリなども起きやすくなり、慢性化してしまって常に肩や頭の周りの重さも感じるようになります。ただの目の疲れなら休めばすぐ治りますが、眼精疲労となると治療にも時間がかかるので、早めの治療を行っていくようにしましょう。